進学をしていくということ。

Posted by admin on 8月 7th, 2014 — Posted in 未分類

中学校までは義務教育なので絶対に卒業をしないといけないのですが、中学を卒業してからは、高校に行く子、就職をする子などそれぞれ自分で道を選んでいくことができますよね??

みなさんはどの道を選びましたか??

わたしは、高校進学を希望し、入学、そのあとは短大まで卒業をして、現在中小企業で働いています。

私の周りでは、就職をした子もいます。その理由はさまざまで、家庭の事情や勉強がしたくないとか・・・就職をすれば自分で稼ぐことができるのでそれなりの自立っていうことにはなるのですが、進学をするということはまだまだ親のお世話にならないといけないということ。それが普通に進学させてもらえる環境なのであればそれほど気にすることもないとおもうのですが(感謝は必要ですよ)、どの家も簡単に進学していけるっていうわけではないんですよね。苦しくても親はそういった顔は見せないと思いますし、今の時代、せめて最低短大くらいは出ておかないとっていう考えの人は多いと思うので。。。

私の経験なのですが、中学を卒業するとき私立になってしまったら就職にしようと。公立に受かったら勉強がしたいということを両親に伝えました。我が家は本当に貧乏で毎日食べていくのがやっとくらいでしたね。

勉強がしたかった私は必死に勉強をしてなんとか高校へ。次は専門学校に行って、トリマーの勉強がしたかったんです。専門学校って想像以上にお金が掛かることが分かったとき、両親になかなか言い出せませんでしたね。どうにか専門学校に行く方法を探していた時に見つけたのが、教育ローンっていうものでした。まだ高校生の私にお金を借りることはできなかったので、両親に頭を下げてローンを組んでもらい、その返済は自分でするからっていうことでお願いをしたんです。両親がそのとき、涙を流して謝ってきました。私は、貧乏だけど不幸だとは思ったことは一度もないから笑顔で頑張ってトリマーになるからって約束をしましたね(^◇^)

今はまだ教育ローンの返済をしながらではありますが、夢だったトリマーになることができ、両親にも少しだけどお金を渡すこともできているので、いろいろと大変だったことは大変だったのですが、頑張ってきて良かったなって思っています。

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする